8月31日(土)、塩井少年教室では『東北新発見~庄内のたび~』と題し酒田市にある「酒田米菓オランダせんべいファクトリー」の工場見学と鶴岡市にある「加茂水族館」に行ってきました。

お天気にも恵まれ、いざ出発!

はじめに訪れたのは、山形県ではおなじみの酒田米菓。工場の長さは525Mほどあり、せんべいの生地づくりの工程から焼きあげ、包装まで見ることが出来ました。

途中には、試食コーナーもあり楽しみながらせんべいづくりの工程を学んきた子どもたち。見学後はせんべい焼きの体験をし、焼き立てアツアツのおいしいせんべいを味わってきました。

その後は、鶴岡に移動。

途中、バスが海岸沿いを通ると「海だぁー!!!」と歓声が上がり、子どもたちのテンションもMAX!

きれいな海を目の前に、子どもたちの目もキラキラに輝いていました。

午後は、「クラゲ展示世界一」で有名な加茂水族館へ。様々な種類のクラゲのほか、アシカのショーもあり庄内を満喫した移動学習となりました。